イエス・キリストは、弟子の中から12人を選び「使徒」としました。そしてペトロに使徒の頭としての特別な使命を委ねました。使徒たちは各地で宣教し、キリストを信じる者たちの共同体、すなわち教会をつくり、自分たちの後継者を定めました。ペトロはローマに行き、教会をつくりました。このペトロの後継者がローマ司教、すなわちローマ教皇です。そして使徒たちの後継者が世界中で働いている司教なのです。
 
ローマ教皇は全カトリック教会に対して最高の統治権を有する、というのがカトリック教会の伝統的な教えです。現在全世界には司教が責任を有する約2500の教会(教区)があります。司教は自分の任務を助ける司祭(神父)を指名することができます。日本には16の教区があり、17人の現役の司教が働いています。
 
カトリック教会には、このように地域を単位とする組織のほか、修道会組織があります。「父と、子と、聖霊」の三位一体の神を信じることを宣言し、洗礼によって教会に属することを選んだ信者は、それぞれの生き方を選ぶことができます。結婚生活、独身生活、修道生活と、各人が選ぶ生き方は異なりますが、それはそれぞれの道を歩むように呼びかける神に、その人なりにこたえることだ、と教会は考えています。
カトリック中央協議会より引用
 

HOME | コラム | カトリックについて