松ばやしは、福神・恵比須・大黒の三福神と、稚児・通りもんからなり、福神は魚町流、恵比須は石堂流、大黒は州崎流、稚児は東町・呉服町、西町、土居の各流が受持つ。三福神はそれぞれ馬に乗り、かるさん肩衣の子供たちが太鼓を叩いて言立てを唄え、同じ姿の大人達が笠鉾を立ててこれに続く。稚児は天冠をかぶり舞衣・緋袴姿で仮閣に乗り、かるさん・肩衣の大人たちが付添って言立てを唱えながら町を回り、特定の場所では仮閣を止め、当番町のうたう謡曲に合わせて稚児が舞う。各流の行列・言立て等には中世芸能の趣が今なおよく残されている。 博多松ばやし | 文化財情報検索 | 福岡市の文化財より引用