明治二十四年に建てられた門司駅(現在の門司港駅)は、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線の同線の起点駅です。
大正三年に場所を二百メートルほど移し、現在の場所に立て替えられました。
ネオ・ルネッサンス調の木造建築で、ドイツ人技師ヘルマン・ルムシュッテルの監修の下に建てられました。
駅舎は重要文化財に指定されています。 現在は、駅舎保存修理工事のため仮駅舎に移行。工事完了は2018年3月の予定。


こちらの登録ボタンから九州テレビのチャンネルを登録することができます!

↑ここに登録ボタンが表示されてない人は、下記のURLからも登録できますのでこちらからどうぞ。
九州テレビ – YouTube
よければこの機会ぜひチャンネル登録をお願いします!