丘の上に建つ一軒宿。自慢の露天風呂では四季折々の自然を満喫できます。

山口県のほぼ中央に位置する「湯の口温泉」。有名な山口市の湯田温泉から車で20分のところにあり、およそ1,400年の歴史をもつ古湯で、その地に一軒だけの宿が「天宿の杜 桂月(てんじゅくのもり・けいげつ)」です。

 
 天宿の杜  桂月  動画
  旅館 の料理ではなく、料理屋の料理をプライドをかけてお出し致します。また、宿のコンセプトの1つに、一品づつお出しし2時間かけてゆっくり楽しくお召し上がりいただくことです。海と山に囲まれた食材の宝庫、山口で季節ごとに味わえるやまぐちの旬の味覚でお客様をもてなし致します。

朝食は、田園地帯にある当館ならではの地元の野菜を多く使った内容です。野菜がこんなにも美味しいと感じていただけるように努めて調理しています。

地図

 

遥か昔、大内氏の先祖と伝わる百済の王子、淋聖太子が聖徳太子の威徳を慕って日本へやってきました。淋聖太子は秋吉台付近で、良質な薬湯湧く湯の口に吉祥天女の神像を祭りました。その美しい神像が地元で深い尊崇の的になり、守られてきたのが今の湯の口温泉です。
 
 

  

店名 天宿の杜 桂月
住所 山口県美祢市美東町真名1071
アクセス 新山口駅よりお車にて約20分
 

電話  083-965-0088
ホームページ LinkIconhttp://tenjukunomori.com/
 
【収容人数】 44人
【客室数】 和室 9
チェックイン 15時、チェックアウト 10時
朝食、夕食ともレストランでお召し上がりいただきます。
駐車場 40台(無料)

洗顔セット 歯ブラシ、歯磨き粉、タオル
バスセット バスタオル、浴衣
貸し出し品 加湿器(2台)