~版鍋島緞通展~「日本の伝統工芸・鍋島緞通の魅力」
日本の伝統工芸である鍋島緞通展を下関市長府の画廊「梵天」にて
3月12日(土)~4月10日(日)まで
まで開催されます。

今から約350年前(1672年頃)、中国より日本に緞通の技術が伝わり佐賀で生産、その後佐賀藩から将軍家への献上品となり、一般への売買は禁止となりました。
明治以降、日本の伝統工芸として国内外の博覧会に出品、多くの受賞を受け、名声が高まりました。
鍋島緞通は全ての糸が木綿で、毛足の長い柔らかい風合い特徴です。大きさはたたみ一畳が基本。色彩は藍・茶・緑の基本色に赤・黄で構成されています。

dantsuDM

ホームページhttp://www.nomakikaku.com

画廊茶屋「梵天」facebook