8月2日(日)、カトリック平和旬間を迎える直前の年間第18主日の夕方今年、11月27日に小教区創立60周年を迎えるカトリック行橋教会での、この夏のイベント「愛いっぱいチャリティーコンサート」が開催されました。

キャプチャ

コンサートでは、この日のために急遽募集して作られた行橋・豊津の合唱隊が曜日、土曜日の二日間をかけて行われた、スペイン在住の声楽家、九十九依世子さんのワークショップに参加し、発声の仕方から合唱にいたるまで指導を受け、みごとな歌声で3曲の日本の唱歌(童謡)を披露しました。

九十九さんが、この合唱隊の歌声に被せるようにスペインの民謡や動揺を一緒に歌い、素晴らしいハーモニーが実現しました。