1112

市民でつくる「グランソレイユ合唱団」が、10月の公演に向けて練習を重ねています。北九州ソレイユホールの開館5周年を記念して、昨年結成し、公演。大きな反響を呼びました。今年も小学生から年長者まで幅広い年齢の市民が参加しました。北九州市は合唱が盛んな土地柄を生かし、合唱による街づくりを進めています。その取り組みの目玉としても注目されています。
旬感ワードは『合唱の街』。日本を代表するテノール歌手総指揮の下、晴れの舞台を目指す合唱団の姿を紹介します。

KitakyuMovieChannel より掲載