Hikiyama

 

唐津くんちは、唐津神社の400年の歴史がある秋季例大祭です。
毎年50万人以上の人が訪れ、長崎くんちや博多おくんちと並ぶ日本三大くんちとされています。
2016年に世界無形文化遺産として登録されたことから注目を集めています。
今年の唐津くんちの日程と見どころ、気になる交通規制や駐車場情報をまとめてみました。


2017年の日程


唐津くんちの2017年の日程は

11月2日 19:30~22:00
曳山ルート:各町内~大手口~市内一巡~唐津神社前整列

11月3日 9:30~16:30
曳山ルート:唐津神社前~市内巡行~西の浜(お旅所)~市内巡行~各町

11月4日 10:00~17:30
曳山ルート:各町内~唐津神社前~市内巡行~唐津駅前~市内巡行~曳山展示場

となっています。この日程は例年通りです。
2017年は週末の木、金、土曜日になり、世界無形文化遺産に登録されたこともあり、例年以上に人が集まることが予想されます。

唐津くんちの由来


 

800px-Karatsu_Shrine

 

唐津くんちは400年の歴史のある唐津神社の秋祭り「秋季例大祭」で唐津最大の行事です。
「くんち」とは「供日」と書き、収穫感謝の意味が込められているお祭りです。
数百枚の和紙を貼り重ね、さらに麻布等を張って漆を塗り重ねる漆の一閑張りと呼ばれる特殊な技法で製作された14台もの豪華な曳山が、唐津市内の旧城下町を練り歩きます。
14台もの豪華な曳山が街中を練り歩くお祭りは全国でも珍しく、2016年に世界無形文化遺産に登録されました。

 

期間中の見所


期間中の見所は一斉離陸。100以上のバルーンが一斉に飛び立つ光景は絶景です。浮かび上がっていくバルーンが見る人たちを楽しませてくれます。
ただし、バルーン競技は風の影響を大変受けやすいので、競技が開催できるかどうかの判断は、開始直前の会議にて決定されます。
天気予報をチェックして行きましょう。

 

アクセス方法


車でお越しになる方のために、大会期間中、バルーン会場を中心に周辺も含め、収容台数にして約4,800台以上(土日祝休日は約7,000台以上)の駐車スペースがあります。

しかし、土日祝には会場駐車場を中心に周辺道路等も大きな混雑が予想されます。
十分時間に余裕をもってお越しいただくか、電車・バスなどの公共交通機関の利用をお勧めします。

詳細はこちらへ

 

まとめ


ネットで見かける一斉に上がるバルーンの写真。実はこの佐賀インターナショナルバルーンフェスタで撮影されたものが結構あったりします。皆さんもぜひこの機会に見に行かれてはいかがでしょうか?一生の思い出になると思います。