TsuzenExh

木版画の第一人者・中島通善の作品展を下関市長府の画廊「梵天」にて

2月13日(土)~3月6日(日)まで開催されます。

中島通善は、近年海外でも精力的に作品展を開催し、浮世絵を凌ぐ作家として高い評価を受けている作家です。

今回は、150年の歴史を誇るフランス最高画壇“ナショナル・デ・ボザール・サロン展”で特別賞を受賞した大作「暮六つ」や、フランス芸術界の文化勲章ともいえる賞“ウジェーヌ・ブータン賞”を受賞した作品「浪の花」また、「桜」の大作3点の他、関門海峡にゆかりのある新作「壇ノ浦の残照」等約20点を展示いたします。

中島通善は、自画・自刻・自摺の行程全てを一人で行い、版木の木目を生かして作り上げていく作家です。

過ぎゆく日本の風情や生活のゆとりや間、細やかな気遣い等失われつつある日本の面影を見事に表現しています。

http://www.nomakikaku.com/

【場   所】

下関市長府 画廊梵天

【開催日時】

平成28年2月13日(土) ~3月6日(日)  AM10:30 ~ PM6:00   金曜日定休日(祝日は営業)

※画像をクリックすると拡大して表示することができます。